ネットビジネスの基礎知識

★インターネットの基礎的なアイテム  インターネットの仕組みは、もう知っていると思いますが  あなた → サーバー →  インターネット     ↓     ↓         ↓ パソコン ブログの保存場所   みんなに公開   基本的には、こんな流れですよね! でも、メモ帳、ノートパッドで作成した文書は、サーバーには送れません。 作った文書をサーバーにあげるためには、「テキストエディター」が必要になります。 普通はホームページを作るときにはソフトの中に、ブログを借りるときには、そのサイトに準備されています。でも、自分で作ったり、編集するためには必要なツールとなります。  TeraPad (無料)        http://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se104390.html  秀丸エディタ(有料)  http://hide.maruo.co.jp/software/hidemaru.html そして、サーバーに送る郵便ソフトが必要です。 それがFTPソフトです。  FFFTP(無料) http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/ffftp.html つまり 文書作成→公開するための準備→ サーバーへ送るソフト→ 公開  ↑       ↑          ↑ メモ帳     作成ソフト     FFFTP ノートパット  テキストエディター  と、なるわけです。 ★タイピングの早さ  ネットビジネスでは、すべてキーボードで文字を入力します。 ですからタイピングの早さで、費やす時間に差が出てきます。 少しでもタイピングが早くなるよう練習してみて下さい。 有料のソフトも数多くありますが、こんな無料サイトもありますので使ってみて下さい。

パソコンの基本テクニック

・パソコンの基本テクニック アフィリエイトをする上で、ぜひとも知っていてほしいテクニックをまとめてみました。  ・メール関係   ・大量のメールのさばき方   ・フリーメールの使用   ・メッセージルールの使い方  ・検索の仕方  ・ファイルの整理方法    ・圧縮と解凍  ・インターネットの基礎的な考え方   FTPの操作、インターネットの仕組み、HTMLとタグの知識  ・タイピング  ・ショートカットキーの使い方  今後、それぞれについて解説していきます。

アフィリエイトを始める前に

アフィリエイトをする前に、考えてほしいことがあります。 ネットの世界では、お客様の「顔」がわかりませんし、表情や言い回しで、相手の境遇やスキルがわかる「リアル(現実の)ビジネス」とは違います。 だから、お客様は、ネットにある視覚的な文章などで、商品を買うしかありませんし、売り手のほうも、お客様の、ニーズを把握するのは難しいのが現状ではないのでしょうか? つまり、両者に勝手な思い込みがあり、食い違いが多く発生する事例も多いのです。 そのため、サポートがあるノウハウでも、質問が10%、実際のサポートが数%という、顧客満足度が、低い現状になってしまうのかもしれません。 実際、追跡調査をしてみると、収入を得られない方の多くは、パソコンの基本的スキルが足りないことがわかります。 「初心者でも儲かる」「サルでもできるなど」甘い言葉で誘われて商材を買ってしまうのでしょうが、ネットビジネスを、する以上、パソコン講習会の初心者レベルでは、ぶつかる障害が多く存在します。 私も、パソコン初心者や、障害者のIT講習会などの講師をしていましたが、そのレベルのスキル(技術)では、競争が激しいネットビジネス(アフィリエイト)では、どうしても、壁にぶつかってしまうのです。 商材の作成者の方にお聞きしても、ある程度のスキルがあることが前提になっているのに、あまりにも、初心者の方が多く、本来のサポートではなく、パソコン教室並みのサポートを強いられている現状があります。

アフィリエイト

本来の意味は「提携すること」です。パソコンの世界では、主にウェブサイトの作者と通販サイトとの「提携」を指します。 ウェブサイトの作者が自分のページで商品を紹介し、それを読んだ人が通販サイトでその商品を購入したら、一定額の謝礼が ウェブサイトの作者に支払われるというものです。 ウェブサイトの作者は商品を紹介する際、特別なアドレスへのリンクを張っておきます。 このアドレスは誰のページから購入しに来たかが通販サイトにわかるようになっており、謝礼を正確に支払えるのです。 仕組み上、自分のページ経由で購入してもらわないと、作者は謝礼が受け取れません。 ネットビジネスにおけるさまざまな手法の中でも、特にメジャーなビジネスモデルが「アフィリエイト」です。 現在、インターネットビジネスで成功している人のほとんどが何かしらのアフィリエイトの経験を経ているといっても過言ではないでしょう。 アフィリエイトは非常に参入障壁が低く、かつ個人が大きな利益を獲得する方法としては極めて取り組みやすいビジネスモデルです。 また、アフィリエイトは少ない初期費用と先行投資から始めることが可能で、在庫のリスクもない上に利益率も高いので、年々その人気と市場は拡大している傾向にあります。 ここで本題の「アフィリエイトとは」ということですが、「提携する」または「加盟する」という意味の英単語(=affiliate)になります。 つまり、ブログやメールマガジンなどの何かしらの媒体を運営するあなた(=アフィリエイター)と、広告を出して商品を販売する企業が「提携」をし、お客様となるネットユーザーに対して販売促進をするということです。 もっと噛み砕いてざっくりというと、企業あるいは個人が持っている「商品」を媒体を通して代わりに販売するビジネスモデルということになります。 それでは、アフィリエイトの全体図とそれに関わる4つの属性について確認していきましょう。 アフィリエイターの役割は、まず、ブログなどのメディア媒体を運営し、ネットユーザーに有益な情報を提供していくことです。 そしてその媒体に、提携した広告主の商品の広告を貼り付けることで、関心を持ったユーザーが広告のリンクをたどり、商品を購入したり、資料請求や会員登録などの何かしらのアクションを起こした場合、アフィリエイターに成果報酬が支払われるという仕組みになります。 例えば、あなたがブログを開設して、そのブログに、あるダイエットサプリの新製品の広告を貼り付け、ダイエットに関するコンテンツを作成したとします。 すると、「ダイエット」というワードで検索をしたユーザーが「痩せたい」という欲求を持ち、何かしらの情報を求めてあなたのブログにやってきます。 もし、あなたがユーザーの悩みに応えるような価値のあるコンテンツを提供していたとしたら、自然と「もしかしたら今の悩みを解決してくれるアイテムかもしれない。もっと詳しく見てみようかな。」というように商品にもユーザーの関心が集まっていくでしょう。 そして、掲載した広告のリンクをたどって、ダイエットサプリのメーカーの販売ページに行き、そこから商品が購入されれば、あなたにいわゆる「紹介料」として成果報酬が支払われる、ということになります。 このように、アフィリエイトの仕組みは非常に明快です。 横文字で何やらあやしそうなビジネスと誤解されることもありますが、やっている事自体はテレビCMと変わりません。 ユーザーの関心のある情報を提供し、販売促進をする。 そして、ユーザーが何かしらのアクションを起こした場合、報酬が支払われる。 これは、いわゆる成果報酬型の広告代理店のようなものと考えていただければいいでしょう。